いくよ!太陽光発電

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 長年の食習慣が糖尿病をつくる

長年の食習慣が糖尿病をつくる

10代20代のころは体を動かし、新陳代謝も活発なので高カロリー、高脂質なものを好んで食べていても消費しつくせます。ところが味の好みはいくつになっても変わらないため中年にさしかかっても同じ様に変わらずに食べていると、肥満に伴って糖尿病も併発することが起こります。糖尿病は親子間で遺伝すると聞きますが、発症する原因は他にもあります。後天的に今までの生活習慣でいつか糖尿病になる可能性があるという例が多いです。わかりやすく言うと濃い味を好んで食べていると、たとえ同じ量しか食べなくてもカロリー過剰になりやすい傾向にあります。

 

毎日の食習慣が問題になります。糖尿病の食事療法において、1日3食の食事の比率がとても肝要です。一度に大量に食べ過ぎてしまうと、急に血糖値が高くなってしまいます。

 

大抵の日本人の食生活は朝食は少な目で夕食が多くなりがちです。早寝早起きして、ゆっくりと重めの朝食を食べることは健康につながります。

 

インスリンが多量に出続けると食べたい欲求を増大させ、脂肪合成が促進し、その取り込みを活性化したり、また脂肪組織についた脂肪が分解されにくくなり、脂肪が頑固に溜まります。

要するに一度インスリンが過剰になるとさらに過度な食欲や肥満が急速に進みます。血糖コントロールが出来なくなる悪循環を繰り返します。

重篤な合併症が糖尿病で発症すると、寿命を縮めてしまうこともありますが、早い段階で発見をして血糖値を上手にコントロールできれば、日常生活を困難から遠ざけることも可能です。

 

 

 

ですので、糖尿病予備軍ではと気になっている人は、日々の体の状態を糖尿病の症状と比べ合わせてみると、早くに発見することができるので安心できます。

血液中に糖があふれているとおしっこの量と回数が多くなります。

 

また通常では体内にあるべき水分が排尿されていくため脱水状態になりひどく喉が渇くようになります。

 

次にエネルギー源である糖が使われないことによって食べても食べても痩せてしまったりいつも空腹を感じたり、全身のけだるさや体重の減少などの症状が現れます。

適当に食事の量を減らしさえすればいいという簡単な話ではありません。1日の運動や行動に適したエネルギーは体型や活動した量や時間に応じてによって人それぞれ異なります。

ゆえに、まず自分に必要なエネルギー量を合計してみて3食分の食事が自分の最適なエネルギー量を超えていないかを認識する必要があります。

 

脂肪肝が恐れられている点は、狭心症であったり心筋梗塞などの心臓病、また脳梗塞などの血管系の疾病を招くことがあるからです。脂肪肝の原因として挙げられるのは、カロリーの摂りすぎや運動不足があります。暴飲暴食などで中性脂肪やコレステロールは肝臓に蓄積されます。特に30代~40代の間で脂肪肝になる人の割合が増えており、過去10年間で2倍以上の増加がみられます。

 

糖尿病は初期の段階では、自覚症状が乏しく目立った症状は現れないのが特徴です。糖尿病とオリゴ糖おすすめのワケは?

 

多くの人はストレスや仕事による疲労からと感じてしまい、原因が糖尿病だと直ぐには考えません。そのため糖尿病の発見そのものが遅れてしまい、次第に合併症が進行し、症状が重くなって初めて気が付いたというケースも多いのです。

インスリンは膵臓のランゲルハンス島という組織から作られていて、糖をエネルギーに切替て細胞に取り入れる作用があります。食後、腸から吸収された糖が血流にのって全身を巡るため直後は血糖値が高くなりますが、インスリンの分泌が正常であれば糖は細胞内に吸い込まれて血糖値は次第に標準的な値に戻ります。