いくよ!太陽光発電

人気記事ランキング

ホーム > 痛風 > 痛風で進む低年齢化

痛風で進む低年齢化

痛風に苦しむ人の約95%は男性になります。それに対して女性は女性ホルモンの働きによって尿酸の排泄が促進されるので、男性と比べた場合の発症率は大きく抑えられています。ところが、閉経後にはホルモンの働きが減少し、尿酸値は上昇します。

そのことから、痛風になる女性は閉経後の人が大半を占めます。自覚症状はあまりみられず発見が遅くなることもあります。

 

疲れやすい・食欲が落ちるなどの症状が出てくるケースもあるのですが、自分で見抜くことは簡単ではありません。

 

気にかかる場合には診療機関の内科へ行き、健康診断を受けると血液検査をしてもらえるので、判別は難しくありません。血液検査の値からすぐに診断してもらえます。

痛風は体で作られる尿酸の量が過剰になることで発症します。

 

血液に含まれる尿酸には限界濃度があり、何らかの影響で濃度のバランスが崩れると、高尿酸血症となり、結晶化してしまいます。

 

 

沈着した結晶が剥がれおちると、異物と認識した白血球が攻撃をします。その際に毛細血や神経などを刺激して、痛みを発症することになります。痛風患者にとって避けて通れないのが食事でのプリン体制限ですが、このプリン体制限は今治療の主流ではなくなりつつあるようです。

 

 

特に野菜のプリン体においては、大半が体外に排出されるので、気にしすぎる必要はなくなったようです。

それよりも、肥満を予防するため、脂肪分の高い食品や食べ過ぎを抑えるようにしましょう。脂肪がぽってりとつきすぎてしまった人は、体についてしまった脂肪を落とす工夫をしてみましょう。

 

ゆったりとしたペースでのジョギングなどの有酸素運動で脂肪を徐々に減らしていきましょう。

 

 

 

また、筋肉を増やすことで基礎代謝が上がり、より一層脂肪を燃やしやすい体へとなっていきます。

 

 

またダイエットで過度に偏った食生活を続けることは体への負担も大きくて後になってから体に支障をきたすこともあるので気をつけましょう。

尿酸はアルカリ性の水分に溶けやすい性質をもつので、アルカリ性食品である野菜や海藻類を十分にとり、アルカリ性に尿を保つようにすると、血中の尿酸を低い状態に抑ることが可能です。高尿酸血症や痛風の患者さんは全般的に、食事によるのカロリーを過剰摂取している傾向にあります。日頃の食事のカロリーやバランスを考え直して、そろそろ腹八分目かなと感じたら箸を置くことがポイントです。尿酸を排泄する働きをパワフルにサポートしてくれる飲み物として脚光を浴びているものは牛乳です。カゼインという牛乳に含まれる成分が、体内にとりこまれてアラニンに変化し、今度はこのアラニンが腎臓機能を正常な状態に近づけてくれます。

 

ただし努めて水を飲んだとしても、尿酸そのものが沢山出るのとは異なり、薄められた状態になるだけのようです。尿酸値とは血液に含まれている尿酸の濃度を示し、一般的に男性の割合が多い傾向にあります。

 

 

 

これは女性の場合にはエストロゲン(女性ホルモン)の作用により、尿酸を体外に排出することが促されているためで、更年期にさしかかるとこの作用が減少するので尿酸値の上昇がみられるようになります。

 

 

糖尿病や高尿酸血症、そして脂質異常症の患者を対象とした場合共通した特徴は、肥満やメタボリックシンドロームに該当する人が多いようです。肥満と2型糖尿病を併発した人が減量した時に血糖値が低下していくことがよくありますが、これと同じように、高い尿酸値で太り気味の人が減量をすると、尿酸値が減少する場合が多いようです。

痛風を患う患者数は年を追って増えており、約90万以上の患者がいると言われています。

これに合わせて血清尿酸値も性別関係なく上昇しています。

 

痛風予備軍と言われる高尿酸血症も含めて、成人した男性の4人に1人と言われて、その数は増える一方です。

 

加えて痛風の発症をする年代は低年齢化の傾向で、30代で発症する場合も多いようです。アンセリンのサプリのおすすめこちら